出来るところからエコ

 |  |  | 2

びーはいぶには、お風呂があります。
全ての客室に、それぞれ雰囲気の違う内風呂。
他に貸切の温泉露天風呂が2つ。
この貸切風呂のところに、夏前から「せっけんシャンプー」を設置しております。
天然素材だから人の体にも優しく、環境にも優しい。
エコに取り組んでます!
という程たいしたことは出来ていませんが、このシャンプーを設置したのには
理由があります。
それは、温泉の排水(=貸切温泉の洗い場からの排水もふくむ)は下水処理されてる
わけではないということからです。
温泉は下水には流せないので、直接この大地に流されて捨てられているということです。
となると、このシャンプーやボディソープの科学薬品も大地にしみこんでるってこと?
大地が汚れてしまうではないか!とハッとしたわけです。
客室のお風呂は温泉ではなく水道水なので下水処理されます。
まずは、出来るところから、ということで貸切風呂のところのシャンプーやボディソープを
変えてみました。
限りある資源、生きている大自然。
人間が暮らすことで良くないことは多いのだけれど、生活させてもらうことで、まだまだ自然を
汚さない方法があるように思います。
ところで、せっけんシャンプーはギシギシするとかっていうイメージかもしれませんが、
確かに少しそんな感覚あるかもしれませんが、使ってみると実はものすごくスッキリ感が
得られますよ♪
どうぞ、お試し下さいませ!
【投稿者:ひとみ】

出来るところからエコへ2件のフィードバックがあります。

  1. 普通のシャンプーはいろんなものが入っていて、自分の体にもイマイチですよね。地球に優しいものは、自分にも優しいのだろうなと思います。
    それから、裏磐梯は空気がきれいだから、シャンプー使わなくても、慣れると大丈夫になってきますよ。石鹸使わない友達がいたので、真似してみたら、最初は変な感じでしたが、だんだん、いい感じになってきました。

  2. なるほど。
    確かに「人」には石鹸や歯磨き粉は必要ないらしいことを聞いたことがあります。
    文化の進化というか、そのため本能が退化してしまったというか、
    複雑な人間社会になってしまったなー、と思う今日この頃です。
    裏磐梯はきれいな空気にお水、温泉、恵まれている場所ですよね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です