やっぺない福島!(その2)

 |  |  | 0

こんばんは。
昨日、大盛況のなか終了したイベント『福島食材 料理の鉄人 at 猪苗代』。
ここで活きのいい魚『虹鱒』をご提供いただいたのが、猪苗代にある
『小田養魚場』です。
~HPより抜粋~
小田養魚場は、名前のとおり、虹鱒の養殖が本業です。
養殖には何よりも水がきれいなことが条件です。
自然に囲まれた立地で、上流に人家のない小田川の清流から
水を引き入れ、卵からニジマスを育てています。
この清涼な水で育てたニジマスを思う存分釣ることができるのが
小田養魚場です。
へぇ、という訳で新鮮な魚をご提供いただき、感謝です。
近々釣りに行ってみようと思います。
もちろん?私は、釣り針にエサをつけるのも釣りあがった魚を
触るのも苦手ですが(笑)
そこは人任せにして、、、これからは温かい季節だし楽しめそう♪
私達が宿を営業していくには、1人や2人の宿主だけでは無理です。
燃料、リネン屋さん、食材屋さん(お肉や野菜など)、酒屋さん、
などなど沢山の業界の方々があってこそ、です。
このイベントでも、虹鱒は地元産食材の1つです。
野菜も会津産で農家さんが手塩にかけて作ってくれたもの。
今は、福島全体、そしてここ会津エリアでも私達の宿泊業は
厳しい状況にあります。
出来ることから、地元を盛り上げてより多くのお客様にお泊りいただける
ようにとイベントも開催されています。
私達が元気に営業できることは、今後の上記各業者さんの業務も
元気になります。
全て自分だけの問題ではないんですよね。
日々、びーはいぶが営業できることが大変有難く思います。
この時期に福島旅行へお越し頂いているお客様の皆様に感謝申し上げます。
そして、今後とも何卒ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。
もし猪苗代や裏磐梯へお越しの際は、この『小田養魚場』にも
お立ち寄り下さい。
吊り上げた虹鱒は、から揚げにすると小骨まで美味しく食べられるとのこと♪
ぜひお試しを!
清水で育つ虹鱒、春がくればニョキニョキ出現する山菜、これからも
何の心配もなく美味しく頂けるようになってほしいものです。
どうか、人の手によってこれ以上汚されませんように。
【投稿者:ひとみ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です