やっぺない福島!(その1)

 |  |  | 0

こんばんは。
今日は午後から猪苗代である【やっぺない福島】イベントに行ってきました。
題して、
【福島食材 料理の鉄人 at 猪苗代】です。
概要は、福島県産の食材を使って(食材は指定のもの)、ジャンル問わず
メイン食材とデザートの合計2品を時間内に作るというのも。
食材のアピールやパフォーマンス、味や見た目の採点制として、
採点者(試食人およそ20名)が順位を付けます。
目的は、福島を盛り上げよう!です。
地震や原発事故の後、厳しい状況にある福島県ですが、料理を通じて
旬の味覚や福島の良さや元気な姿をアピール!
ちなみに、びーはいぶ夫婦は試食人として参加させて頂きました。
食材は、これらです。
resize0668.jpg
resize0669.jpg
・福島県産エゴマ豚 バラ・肩ロース
・猪苗代小田養魚場 虹鱒
こちらのどちらかまたは1品を使用してメイン料理に。
・会津産たけのこ
・猪苗代産わらび
・猪苗代産アスパラガス
・猪苗代産辛味大根
・福島産いちご
これらを使用してメインおよびデザート料理に。
制限時間は90分です!
どれも素晴らしい旬の食材たち!
しかも、虹鱒がすごい!
予定より少し遅れての搬入だったのですが、とれとれピチピチの
いきの良さ!
まだまだ生きてます。
さぁ、12時になりました、スタートです!
掛け声は全員(鉄人も試食人も)で『やっぺない!』です。
resize0670.jpg
鉄人たちは、和食あり洋食あり韓流あり。
皆さん、鮮やかに料理していきます。
resize0667.jpg
お品書きだってこんなに立派!
ちなみに、2品を作るのがルールですがそれ以上(6品)作る鉄人も。
会場は4つの料理台があるのですが、採点者が間近で見学でき、
その手さばきの見事さもさることながら、調理途中のテイスティングが
出来たり、人と熱気で大盛り上がりです。
resize0677.jpg
鉄人達は、今回のメニューのレシピや食材の料理のコツなども
惜しみなく披露してくれます。
見てるだけでも、大変勉強になりました。
resize0678.jpg
今日のこの会場にはテレビ局や新聞社の取材も入り、インタビューも行なわれ
ちょっと緊張もあり、でもとても和気藹々♪
resize0679.jpg
そういっている間にも刻々と時は流れます。
あと、10分!
いよいよ盛り付けも架橋に入り、そろそろ完成です。
完成です!
resize0680.jpg
resize0672.jpg
resize0665.jpg
resize0671.jpg
resize0674.jpg
resize0681.jpg
どれもこれも、素晴らしい作品の数々です。
試食後の採点もとても難しい。
それでも、甲乙つけるのがルールなので真面目に採点しましたヨ。
そして、結果発表です!
メイン部門、デザート部門、総合部門それぞれの発表です。
メイン部門は、猪苗代『喜春』の板長・黒澤さん!
resize0671.jpg
デザート部門は、東京は『CUEL』の平野さん!
resize0674.jpg
総合部門は、上記『喜春』の黒澤さん!
以上の鉄人でした!
resize0682.jpg
鉄人の紹介が遅くなりました。
鉄人は他にも会津若松にある居酒屋『さんなんぼう』の海野さん、
『ベジQ菜 プロジェクト team931』の大久保さんです。
大久保さんはNPO法人として、福島食材を多く広めていらっしゃいます。
いやぁ、本当に面白かったです。
どれもこれも勉強になりました。
私個人的には、平野さんの苺のデザートが一押しです!
とてもシンプルな作り方ですが、素材の味が感じやすくて
もっと食べたかった(笑)
黒澤さんの煮物碗の筍、こちらも筍を茶巾にしたりアスパラの
すりながしなど、味はもちろん見た目にも鮮やかでした。
さて、このイベントの開催にあたっては、主催者の佐藤さんの熱意が
あってこそのものです。
佐藤さんとは、、、
猪苗代町にある
『鉄板焼フレンチとベルギービール マリアージュBelgian Beer オーベルジュ オムス』
のオーナーシェフです。
福島を盛り上げようと、『やっぺない福島』企画を立ち上げられました。
大盛況に今回のイベントは終了し、素晴らしいことです。
これをきっかけに、裏磐梯や猪苗代だけでない磐梯エリア、これを含む会津エリア、
福島県、東北全体と盛り上げていきたいと思います。
この続編はまた明日♪
今日はお休みなさい☆
【投稿者:ひとみ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です